乳がんは早期発見で回復が見込める~リスク回避ノウハウ~

医者

流れを知っておく

乳がんの検査に関わる費用の相場価格

男の医者

乳がん検査に必要な費用は、病院によって多少異なりますが、40代以降の女性が検査する場合と、20代から30代の女性が検査する場合では検査方法が異なり費用も変わります。40代の女性の場合はマンモグラフィー検査を行う事によって精度の高い検査を受ける事ができます。視触診も含めて5.000円から10.000円ほどになります。20代や30代の女性が乳がん検査を受ける場合、マンモグラフィーだけでは精度の高い検査ができないため、乳腺エコー検査も行います。相場価格としては両方の検査をして医師による視触診で8.000円から15.000円ほどとなります。一定の年齢を達すると、乳がんの無料クーポン券が市から支給されます。

乳がん手術入院から退院までの傾向と費用

乳がん検査で悪性と診断された場合、腫瘍の広がり方や深さ、転移の有無を考慮して手術ができるかどうかの判断をします。手術が可能な場合、腫瘍の大きさや深さで手術方法として乳房温存摘出手術を行うか、乳房全摘出手術を行うかが決まります。手術中にセンチネルリンパ節を検査し、微小でも転移があれば腋窩リンパ節郭清を行います。近年では腋窩郭清は転移の度合いによらず、レベル2までにとどめる傾向があります。手術後は大体一週間ほどでドレーン管が抜けるので、それから退院になります。手術から退院までの価格として、平均的に350.000円ほどの金額が必要になります。高額医療の対象になるので、全体的な乳がん手術の負担は少なくなります。

かかってくる費用

女医

乳がんは、検査だけだとそこまで費用がかからないのですが発症してからは多大な費用が必要となります。病気の進行状況によって費用は異なってくるのですが決して安いものではないので事前に確認しておくと良いでしょう。

詳しく見る

定期的な検診が大切

二人の医者

乳がん検診を受ける女性は比較的少なく、発症してから医療機関を利用する人は少なくありません。しかし、乳がんの発見は早ければ早期回復が見込めるので定期的に受診することが大切です。

詳しく見る

早く見つければ治る

笑顔の医者

乳がんは早期に発見すれば治すことのできる病気です。40代以上であれば年に一度は検診を受けることが大切です。若い女性も自己検診などで早期に発見する努力をしましょう。今後は自己検診や検診の受診を定着させて、乳がんで亡くなる人を1人でもなくすことが課題です。

詳しく見る